大企業を辞めて精神保健福祉士になりました。

大企業を辞めて精神保健福祉士になりました。

社長表彰までされた大きな会社を10年の節目で辞めて精神保健福祉士になりました。『細く長く働く』がモットーです。

【体験談】夜間1年で精神保健福祉士になろう!卒業生が語る専門学校のあれこれ!

 

この記事の内容をざっくりと 

  

 

これから「精神保健福祉士資格を取得しよう」と考えているあなたに!

 

f:id:lock2059:20191129210750j:plain

 以前も記事でお話したことがありますが、

私は思うところあり10年勤めた一般企業を辞めて、学校に通いなおし精神保健福祉士資格を取得した経緯があります。

 

1年間、日中は福祉施設でバイトをしながら夜間専門学校に通い、日々勉学に励んでいました。

 

そして、このことに関して色々なところで

「記事を読んで、これから学校に通って精神保健福祉士になろうと思います」

といった旨のコメントを頂くことがあり、いつも大変嬉しく思っております。

 

未だ超ニッチなこの資格を取得したいと思って頂けるだけでもありがたいのに、それに加えて私がその一助を担えたというのであれば、これ程嬉しいことはありません!!

 

さて、当記事では、「これから専門学校に入って精神保健福祉士になりたい!」と考えられている大学4回生や社会人の方向けに、筆者が『夜間1年コースの専門学校で精神保健福祉士資格を取得した経験』についてご紹介したいと思います!

 

 

学校選びの話

f:id:lock2059:20191129210834j:plain

 

学校選びにおいて自分の中にあった絶対的な条件としては、

 

  1. 最短で資格を取れること
  2. 学費が安いこと
  3. 楽しそうであること

 

優先順にこの3点を念頭に入れて選択をしました。

 

候補としては最終的に4校ぐらいでしたでしょうか?少し寂しいですね・・・

 

さておき、ここから選んだ訳なのですが、まず、昼間3年コースが即却下となりました。

 

最も楽しそうでしたが、他の条件に全く当てはまりませんので・・・

本当に楽しそうでしたが断腸の思いで除外しました。

(今になってよくよく考えると、大学卒業して10年も経っているおっさんが通う学校ではないなと(笑) 周りはほぼ高校卒業してすぐ入学する方ばかりですので・・・社会人向きではなさそうです)

 

そして次に某有名グループの昼間1年コースが除外となりました。

楽しそうでしかも最短で資格取得が可能と、中々にいい感じでしたが、後述の2校と比べていかんせん学費が高額であったため脱落となりました。

 

教育訓練給付制度で学費が最大6~7割返ってくるにしても高いなと・・・

やはり大手だけに強気の価格設定でした。

 

そして、最後に残ったのが、

・通信1年

・夜間1年

の2つです!

 

両方最短で資格取得が出来ますし、前者の方が安いものの、ともに許容範囲内の学費でした。

 

結果的に後者を選ぶことにしたのですが、

この理由は『どちらが楽しそうか?』で考えた時にそちらに軍配が上がったからです。

 

はっきり申し上げて明らかに通信1年の方が効率的ですが、スクーリングがたまにあるとはいえ、やはり通信ということで『学校』や『キャンパス』といった感じがしない点に寂しさを感じました。

 

今思えば、自分の中の条件として『楽しい』という要素が外せなかった理由は、「どうせならもう1回キャンパスライフ謳歌したい!」という淡い憧れのようなものがどこかにあったからであると思います。

 

結果的に謳歌とまではいきませんでしたが、クラスメイトと切磋琢磨しながら学べたことは本当に良かったです!

 

というよりも仲間がいなければ続けられたかどうか・・・

今でも交流のある方もおり、私にとって文字通りかけがえのない1年となりました!

 

ですので、これから学校選びをする皆様には、

効率面では通信が確かに優れているのですが、学び舎に通いながら学ぶことの素晴らしさを強調した上で、強くおすすめしたいと思います!

 

 

専門学校の入学試験の話

f:id:lock2059:20191129210927j:plain

 

結論から申し上げますと、悲しいながら募集の定員を超えることは考えにくく、落とす試験ではないのでそれ程構える必要はありません。

 

私が受験した際は、事前課題の小論文を提出した上で、クレペリン検査(ひたすら計算するやつ)と面接だけでした。

面接でも志望動機と自分の強みだけ用意していけばいいでしょう。

 

繰り返しになりますが落とす試験ではないのでそれ程構える必要はありません。

 

 

 専門学校入学前の話~入る前から充実している~

 

f:id:lock2059:20191130122018j:plain

 

プレ授業とアルバイトを募集している福祉施設が集った説明会がありました。

 

プレ授業

 

入学が決まった方との交流会で、計4回ありました。

 

今流行りの他己紹介から始まり、ノーマライゼーションについての講義を受けたり、グループワークをしたり、最後は1学年上の卒業生との座談会があり、色々な話を聞くことが出来て有意義な時間でした。

 

何よりもその時点で男何人かで飲みに行くぐらい距離が縮まりましたので、これによって学校生活への不安がかなり軽減されたような気がします。

 

福祉施設の説明会

 

 

アルバイト募集に関する説明会です。

 

私はここでバイト先を見つけて1年お世話になりましたし、その結果座学だけでなく現場でたくさんのことを学ぶことが出来ました。


ただ、学校で説明会をする手前、『学業優先』をどこの施設も謳っております。

 

が、ウソとまでは言わないまでも完全に戦力として考えている施設もありますので、「勉強したいので休ませてください・・・」と言ってもそれが通るとは限りません。

 

現に私も何とか頼み込んで年明けから1ヶ月だけ休みを貰いましたが、それまではバイト先の強い要望があり週5フルで働いていました。

 

だからといって後悔はありません。

現場で経験できたことは今になっても生かされていますから。

 

しかしながら、国試に受かったから良かったものの、あくまで学生なので、学業優先の担保がしっかりと得られる施設で働いた方が何かと安心ではあると思います。

 

 

【超必見】気になる学校生活の話

f:id:lock2059:20191129211004j:plain

 

夜間1年ということで休みは日曜のみとなり中々ハードですが、志さえあれば何とか乗り越えられるでしょう。

 

また、資格取得要件として福祉施設医療機関でそれぞれ100時間程の実習が課されます。

 

施設によっては非常に厳しい指導をされるところがあるため、実習先の選択は講師とよく相談して決めるべきです。

 

以下より項目ごとに詳細を述べていきます!

 

クラスメイト

 

全員で30人強、男女比は半々ぐらいでしたが、夜間ということもあり、それはまぁ色んな人がいました!

 

大学卒業したばかりの方もいれば現職の福祉施設で働いている方もいましたし、当事者の方もいらっしゃいました。

 

普通の学校と同じように仲良くなる人、そうでない人がいましたが、色々な個性と触れ合えたことはとてもいい勉強となりました!

これは昼間のコースでは味わえない経験であると思います!

 

授業

 

・平日は18時から90分2コマ

・土曜日はお昼から90分4コマ

と中々ハードでした。

 

真面目に受けていてもいつの間にか夢の世界にいざなわれていることも多々ありましたね笑

 

そして、授業の種類がとにかく多く、座学から演習、そして施設に訪問する課外授業等、様々な学びの機会がありました。

(中にはイマイチな授業もありました)

 

また、年末ぐらいから徹底的に国家試験対策が始まり、そこからは国家試験1色となります。

それまでとは一転して、かなり教室が殺伐とした空気になったことを今でもはっきりと覚えています。

 

国試対策については下の記事をご参照下さい!

 

 

 

仕事・アルバイト

 

実際に福祉施設で働きながら学べるのも夜間コースの特権であると考えます。

昼間のコースでは当然ながらこれは叶いません。

 

クラスメイトの中には、先述の通り福祉施設でフルに働きながら通われている方もいましたし、私もバイト先の強い要望で月~金までみっちり9時~17時で働いていました。

 

ただ全体を見れば、週3ぐらいの頻度で福祉施設で働かれているクラスメイトが多いのかなという印象です。

 

週5働きながら毎日学校に通い、休みは日曜のみでも大丈夫ではあるのですが、体力的に中々しんどかったので、金銭的な問題やバイト先の事情がなければ週3ぐらいがちょうどいいのかなと思います。

 

バイト先は作業所から地域活動支援センター、相談支援事業所と幅広くあるため、ご自身が目指される分野や学びたい事柄を勘案して選ぶのがいいと思います。

 

ちなみに私はB型作業所でバイトをしており、出勤最終日に利用者さんと別れるのが辛く、涙した思い出があります。

 

実習

 

先述のように実習先の施設によって非常に厳しいところがあり、私のクラスメイトもそれに耐えられず何人か脱落をしました・・・

 

かくいう私も、福祉施設に関してはろくに確認もせず決めたため、結果的に以前何人か学生がリタイアしたことのある『いわく付き』の施設で実習を受けることになりました。

 

やはり実習担当者が変わっていたのですが、質問に質問で返し続けられ嫌気がさしたということと、「自己覚知」という名の人格否定のようなこともあったので精神的にキツかった覚えがあります。

 

こんな施設でも付き合いのために実習生を送らなければならない事情があるのでしょうが、現にリタイアをする学生もいるので、出来れば除外して欲しいものです・・・

 

前途ある学生を潰すような施設はいかなる理由があっても認められないと私は思います。

 

そしてこの経験を生かし、医療機関の実習先は講師とよく相談をして決めたため、適度に厳しくて楽しい、程よいストレスを受けながら経験を積むことが出来ました。

 

これらのことを踏まえ、実習先は適当に決めず、講師と相談しながらよく吟味して決めることをおすすめします!

 

プライベート

 

先述のように休みは日曜だけであるため、企業に勤めていた時と同じとまではいきませんが、充実させられるかと言えば、やはり『勉強メインの1年』に実質なるのかなと思います。

 

まあ最低限授業に出席をし、出来る限り休んでプライベートを充実させる方もいらっしゃるのですが、個人的には学費を払ったからには授業で学んだ方がいいということと、休めば休んだ分国家試験前に不安になるということだけ申し上げておきます。

 

とはいえ筆者も時折休むことはありました笑

 

ただ、確かに忙しかったのですが、授業が終わった後にたまにクラスメイト達と飲みに行き、ああでもないこうでもないと精神保健福祉や授業、その他様々なことについて語ることで、私は十分満ち足りていましたし、毎日とても楽しかったです!

 

様々なバックグラウンドを持った人間と酒を酌み交わす・・・

夜間コースならではの味わいですね!

 

 

まとめ~夜間1年の専門学校がおすすめです~

f:id:lock2059:20191129211042j:plain

 

読んで頂いた皆様お分かりのように、夜間1年コースは中々にハードですが、

 

  • 最短で資格を取れて
  • 学費が安くて
  • おまけに楽しい

 

と三拍子揃っており、特に大学既卒の方や社会人の方にとって、資格取得する上でのバランスが良くとてもおすすめです!

 

加えて、クラスメイトの個性や福祉施設でバイトしながら通学が出来る等、昼間コースでは経験出来ない夜間コースならではの良さもあります。

 

これから精神保健福祉士を目指される皆様!

 

  • 働きながら資格を取得
  • 社会人を辞めて心機一転資格を取得
  • 周囲が就職する中、大学卒業して再度進学して資格を取得

 

いずれにおいても、中々にハードルが高い決断であると思います。

 

お金もかかりますし、1年間をほぼこれだけに費やすことになりますし、そもそも将来の保証なんてありませんし・・・

筆者も実際決断するまで相当悩みました。

 

ですが、精神保健福祉士になりたい!』という強い思いをお持ちなのでしたら、是非勇気をだしてこの世界に飛び込んで来て欲しいと思います!

 

筆者は、夜間1年コースの専門学校で精神保健福祉士となり就職をし、現在とても充実した毎日を送っています!

 

そして、繰り返しとなりますが、精神保健福祉士を取得するなら、特に大学既卒の方や社会人の方は夜間1年のコース、通信ではなく専門学校に通学して学ぶことを経験よりおすすめ致します!

 

お役に立てましたら幸いです!

 

では!